Mips(ミップス)ヘルメット好評です 2021/3/12



ヘルメットの最新プロテクション「Mips(ミップス)」ってご存知ですか^^


2021年はMips搭載の新作モデルが続々登場!

もはや「標準装備」と言っても過言ではないほどに、多くのモデルに取り入れられるようになりました。


今年はまさにMips元年。今回は、大注目の<Mipsヘルメット>を特集します!


新作が続々入荷。店内のラインナップもほとんどがMipsモデルに様変わり。


Mipsとは


Mips(=Multi-directional Impact Protection System) は、”脳しんとう”から頭を守るためのプロテクションシステム。


「回転」を含む多方向からの衝撃吸収構造が内蔵された、安全性のより高いヘルメットです。


内側のライナーが、ヘルメット外壁とは別方向に動くことで、回転エネルギーを逃す動的システムです。


黄色の部分がMipsライナー。

脳しんとうの怖さ。


脳が揺さぶられて起きる「脳しんとう」。

脳しんとうは、身体に怪我がなくても生命やその後の生活を左右するほどの破壊力を持っています。


アメフトが盛んな米国では、脳しんとうによる脳障害・精神疾患が大きな社会問題となり、今では3〜4回脳しんとうと診断された選手には引退を義務付けるようになりました。


米国アメフト界における慢性的な脳しんとうは、ウィル・スミス主演で映画化されるほど大きな社会問題となった。邦題はコンカッション(=脳しんとう)。



ロードバイク事故における脳しんとう対策として、Mipsが特に注目されているのは、

安全性のテストでよく見るようなハンマーで叩く「垂直衝撃」だけでなく、回転が加わった落車の「ねじれ衝撃」も緩和することを目的に設計されているためです。

実際の落車は、このふたつの衝撃が重なっていることが多い。




いよいよ、Mipsが「現実的」な選択肢に。


これまでは「重い」「価格が高い」などのデメリットもあったMipsですが、2021年は、いずれの面でも遜色ない新作が続々登場!


続いては、最新ラインナップをご紹介します。



おすすめのMips新作3選


GIRO/ AGILIS(アジリス)mips 12,800円 +tax


エントリーユーザーでも購入しやすい価格帯にも、ついにMipsが登場。


この価格からは想像できないほど、フィット感は抜群! 重さも感じません。

この春乗り始める方に、おすすめしたい一品です。





MET/ RIVALE(リヴァーレ)mips 15,400円+tax


METの大人気モデルがMips搭載になってリニューアル。


Mサイズ250g以下と非常に軽量で、通常のヘルメットと比較しても遜色ありません。


人気ポイントのすっきりしたシルエットもそのままです。





GIRO/ HELIOS(ヘリオス)mips-spherical 29,800円 +tax


Mipsの進化型である「Mipsスフェリカル」を搭載した最新モデル。これまでGIROハイエンドモデルにのみ搭載されてきた技術ですが、今回は1万円ほど価格を抑え、ぐっと手が届きやすくなりました。


「Mipsスフェリカル」は、2層構造のシェルが別々に動く独自の最新プロテクション。Mipsからさらに30%も安全性が向上したそうです。


ライナーを無くすることで、ヘルメット内部のスムーズなエアフロー(冷却効果)や高いフィット感を実現。


立体形状が織りなすデザインも魅力的なとてもかっこいいモデルです!

ぜひ一度お試しください。





上記以外にも、Mipsモデルいろいろご用意してます。

ぜひ買い替えの際は「Mips」マークご注目くださいね!


*  *  *  *


お問い合わせ:サイクルショップサンレモ tel: 073-488-7675

最新​トピックス
​特集記事