「美しすぎる」シューズたち

November 28, 2017

 

シューズ界に新しい「波」が来ています。

 

先陣を切ったのは、常に世界をリードし続ける老舗「GIRO」。

最新BOAクロージャー全盛期に「ひも靴」を復活させ、世界に衝撃を与えたのは3年前のこと。

 

 

 

 

新世代シューズのパイオニア

「GIRO EMPIRE SLX」

 

純粋に”性能”を追い求めた結果の、

「ひも靴」というチョイスでした。

 

 

3年経った今でも、最高峰ラインナップの雄であるという事実が、

その「性能」を証明している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最軽量かつ素晴らしいフィッティングを誇る、このハイグレードシューズが提案したのは、

「美しさ」というもう一つの価値。

 

それ以来、シューズラインナップが様変わり。

機能性から導き出される「美しさ」をまとったシューズが数多く登場しています。

 

 

 

注目のfizik(フィジーク)2018

 

GIROに続き、今秋の発表(2018年モデル)で、存在感を見せたのが「fizik」です。

 

⬆️「R1:KNIT」
トップグレード「R1」のさらにワンランク上の試作号「R1:KNIT(ニット)」。

 

 

 

固定力が格段にアップ。fizik「R1」「R3」シリーズ

 

2018モデルでは、トップグレード「R1」とセカンドグレード「R3」で新クロージャーシステムを開発。

 

従来アッパー上部だけで締め付けてきたシューズを、

「足首」「前方」「かかと」の3箇所に分けてホールドするようにしました。

「足首」はサイド(土踏まず)からアーチ状に巻き込むようにすることで、強力に固定。

飛躍的にフィット感が向上しました。

 

履いてみてください。「おっ」と感じていただけます。

(サイスポ https://cyclist.sanspo.com/359186 に詳しくレポされています)

⬆️「R3 ARIA」

履き心地も、美しさにも、磨きが。

カラー展開も豊富(http://www.riogrande.co.jp/news/node/55663)。

 

 

⬇️「R5 ARTICA」  厳冬期シューズ(防寒・防水)

2018年は、「厳冬期シューズ 」も初登場。

雨・寒さ・汚れを、最大限に防いでくれるオールインワンの心強いアイテムです。

機能性に裏打ちされた美しさは、ここでも貫かれています。

 

 

 

アッパーは、

断熱アルミシートを含む防寒・防水加工。

 

インナーは、

柔らかいフリースで足を包んでくれます。

 

 

履いた瞬間、ブーツのように「あたたかい」を実感します。

 

 

まさに、冬のライドは「これ1足」。

シューズカバーを重ね履きしなくていいだけでも、冬のサイクリングがぐっと気軽になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元を快適に。

そしておしゃれに。

 

Fizik、Giro、どうぞお試しください。

 

Fizik全サイズお取り寄せ可能です。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新​トピックス
Please reload

​特集記事
Please reload

​イベント情報
Please reload

アーカイブ