冬こそ「肌着」にご注目!

December 19, 2017

 

 

寒〜い冬。

厚手のサイクリングウェアと、ウインドブレーカーと・・・って着込みますよね。

でも、まずは、一番下の「肌着(アンダーウェア)」って何着てますか?

 

肌に一番近いところにある「肌着」。

アンダーウェア、インナー、ベースレイヤー・・・いろいろ呼ばれるけど、

こいつが大事です!!

冬は特に!

 

どんなスポーツでも汗をかくものですが、

自転車は、「汗をかく→冷える」を何度も繰り返す、珍しいスポーツです。

 

汗が残っていると「冷え」につながるので、

「いかに、肌をドライに保つか」が、冬サイクリングにおける快適さ&暖かさの鍵となります。

 

 

ロードインナー界は、常にその点を追究してきました。

 

その効果は、ライド後、<脱いだ時> にわかります。

 

「もう乾いてる」

 

一般的なスポーツ用の速乾アンダーウェアだと、”しっとり”していて、脱いだらすぐに冷たくなります。

こういう水分こそ、「冷え」の原因です。

ロードインナーはそれがないんです。

乾燥機かけたくらいに、ほわっと乾いてます。

洗濯しなくていいかも? ってくらい。

 

 

そして嬉しいことに、そんな快適な最先端アンダーウェアが、最近、続々と登場。

各社が競って開発し、比較的お手頃な値段で手に入るようになってきています。

これは着なきゃ勿体ない!

 

ということで、タイプ別におすすめのご紹介です。

 

 

まずは暑がりさん向けの薄手タイプ。

<薄手タイプ> 


左)カペルミュール     7344円(税込) サーモアンダーポリプロピレン

右)CRAFT         6912円(税込) Active Extreme   

 

暑がりさんにはこちら2社の薄手インナーをおすすめします。

2社ともほぼ同じ着用感ですが、データ上ではカペルのほうが、ややドライをキープしやすいとのこと。

いずれも、秋~春までシーズン通して長くご使用いただけます。

 

▶︎▶︎汗っかきのaiは、CRAFT愛用中です!

 

 

 

 

暖かいインナーをお探しの方には、厚手タイプを。

<厚手タイプ>

 

左)MAVIC      8640円(税込) コールドベースレイヤー

右)OUTWET    9504円(税込) WP3     

 

 

MAVICは、人が快適と感じる(気温37.5・湿度37.5%)に保つ最新生地「37.5テクノロジー」を使用。

OUTWETは、ロード用インナーの草分け的存在。

 

どちらも使用感は大変似ています。

OUTWETのほうが柔らかく、伸縮するので、痩せ型の方にはよりフィットするかと思います。

 

▶︎▶︎寒がりの店長は、2社とも愛用中!

 

 

MAVIC「37.5テクノロジー」。ザラっとした、タオルのような肌触りです。

 

 

さらに暖かいものをお探しの方(ゆっくり走る!夜間も走る!という方)は、こちらを↓

 <防風タイプ>

 

パールイズミ    7875円(税込)  ヒートテックセンサー 在庫M・Lのみ

 

防風ベスト一体型のアンダーウェアです。生地も最も厚手。ブルベや仕事着にもいいかもしれません。

 

 

 

いずれも、快適ライドをお約束します!

 

このようなラインナップで、レジ前でお待ちしています。

 

いかがでしたでしょうか?

 

わ、値段高い!って思われた方。

 

でもそのぶん快適です! 

 

耐久性もありますのでご安心ください。

週3回以上着る店長も、3〜4年使用できています。(※お洗濯は必ずネットに入れてお願いします。)

 

 

冬のライドを快適に!

ぜひお試しください^^

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新​トピックス
Please reload

​特集記事
Please reload

​イベント情報
Please reload

アーカイブ