ジロ 最軽量シューズ入荷

「まるで靴下」。

店長にそう言せた、

GIROの「最軽量」シューズが入荷しました☆

GIRO Prolight Techlace(プロライト テックレース) 46,000円 +TAX

持って、驚く、その軽さ!

片足実測 166g(インソール・ヒールパッド込み*)は、世界最軽量クラス。

*発売後仕様変更でヒールパッド交換が可能になりました。(メーカーHPの重量(147g)はパッドを含みません)

一部のシューズは300g前後ありますので、iphoneSE1個以上も変わってくることになります!

軽さの秘密は。

軽量アッパー

手が透けるほど、薄いアッパー。

シューズの骨格として使われることも多い強靭なTPUフィルム(白いビニールのような素材)をベースに、メッシュ生地を熱接着。紙のように薄い反面、パワー負けしない強靭な生地を開発しました。

シンプルな、レース+ベルクロ

紐(レース)とベルクロを組み合わせた、GIRO独自のフィッティングシステムを3本配置。

軽量なのは当然のこと、3カ所で締め加減を調整できるメリットがあり、非常に高いホールドを実現したのが特徴です。

超軽量カーボンソール

ソールには、F1やハイエンドロードに使用される、超軽量カーボン「TeXtreme®︎ (テキストリーム)」を採用。

従来のカーボンと繊維の編み方が大きく異なり、剛性を損なわずに、22%の軽量化に成功しています。

そのほか、クリートやヒールカップのボルト穴には、チタンを採用。細部まで軽量化を徹底しています。

軽さは重要か?

実は、シューズ&ペダルは、自転車で最も軽量化させたい部分の一つです。

試しに、足でペダルを回す まねをしてみてください。

もし、スキーのように重たいブーツを履いていたら、ずいぶん大変な運動になると思いませんか?

逆に、素足だったらどうでしょう?

私たちの足は、常に力量と方向をコントロールしながら、運動し続けています。

サイクリングでは、時に1分間に100回転も上下させているのですから、その差はますます大きくなります。

素足に近いシューズが、GIRO PROLIGHT TECHLACEです。

BMCも実戦投入

軽くても、戦えなければ意味がない。

リッチー・ポートを始めBMC選手が、この「PROLIGHT TECHLACE」を好んで実戦投入していることからも、

軽いだけではない、頑丈さ、完成度の高さが伺えます。

「決戦用」とはいいません。

紙のように、軽い実戦シューズ。

履いてみたくありませんか。

now available

GIRO 2018新作 

Prolight Techlace(プロライト テックレース)

46,000円 +TAX

タグ:

最新​トピックス
​特集記事