「保冷ボトル」+「凍結」で、残暑を乗り切る!

August 17, 2019

 

お盆明けても、まだまだ暑いですね。今年の残暑も厳しそうな予感・・・

 

 

夏を走り切るのには、とにかくボトルの水が ”冷たいこと” が重要な要素。

 

 

できれば、走り終わるまで「氷たっぷり、キンキン!」を楽しみたいっっ!!

 

 

ということで、今回は、長〜〜〜く「冷たい」水が楽しめる方法を実験してみました☆

 

 

今回はこちらの人気ボトル2種で実験します。

(左から) CAMELBAK ポディウム、ポディウムチル

 

 

 

「氷たっぷり」VS「ボトルごと凍結」、どっちが持つか実験!

 

 

 

1組目:氷たっぷり。

まずは、お手軽な氷を利用。

なるべく氷をたっぷり(ボトル3分の2まで)と、冷えた水を入れてみます。

 

 

2組目:ボトルごと凍結。

もう1組は、ボトルごと冷凍してみます。

ボトルに半分ほど水を入れて、前の晩に冷凍庫へ。

(全部凍らせると飲めないので、半分にしました)

直前に冷水で満タンにして、いざ実験!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炎天下(35℃)に、放置。

 

氷が持つ時間を測りました。

 

 

 

 

 

 

 

「凍結」すると、持ち時間が飛躍的に伸びることがわかりました^^

 

1時間半持てば、ショート練習には十分ですし、


2時間半持てば、アサランでも、ほぼ最後まで冷たいお水が頂けます。

 

すぐ飲むボトルは氷、2本目は完全に凍らせる、など、合わせ技で活用するのもいいですね。

 

 

「氷」と「凍結」を上手く活用して、

ぜひお手持ちのボトルの効力を最大限に活かしてくださいね!

 

ロングライドなら、途中のコンビニで、氷を買い足すのがオススメですよ。

 

 

冷え冷えのボトルで、残暑を乗り切りましょう☆

 

それではまた来週!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新​トピックス
Please reload

​特集記事
Please reload

​イベント情報
Please reload

アーカイブ