秋冬ウェアの着こなし術

October 17, 2020

 

 

こんにちは!サンレモです。

秋のサイクリングシーズン、楽しまれていますか?^^

 

早朝や夕方など、夏のウェアでは肌寒いシーンも増えてきました。

でも冬ジャケットではまだ暑いし、季節の変わり目は調整が難しいですよね。

 

そこで今回は、秋口から冬まで、快適に走り切るための着こなしのご紹介です!

 

暖かい日差しも残る秋は、夏ウェアにプラスして着脱できるウォーマーをつけるのがベスト。

ネックウォーマー、アーム&レッグウォーマーが活躍します。

 

DeFeet アームウォーマー (¥3600)

DeFeet ニーウォーマー (¥3800)

DeFeet(デフィート)はニット生地でフィット感抜群! 肌触りもよく、人気の秋アイテムです。

 

朝夕はここにウィンドブレーカーを羽織って寒さ対策を。秋ウェアは春先にも活躍しますので、ワンセットあると重宝しますよ。

(写真、カペルミュール ストレッチウインドブレーカー ¥11,800)

 

 

秋が深まり、いよいよ冷え込みが厳しくなってきたら、冬ジャケット&ロングタイツの登場です。

 

まず揃えたいのは、タイツとやや薄手~中厚手のジャケット。

アクティブに走り込む方だと、このセット+ウインドブレーカーで冬を乗り切る方もいらっしゃいます。

(写真ジャージ:カペルミュール polartecライトウォームジャージ¥14,800、タイツ:Q36.5)

 

ジャケットの下には必ずサイクルインナーを。インナーの種類で温度を調整します。

 

冬の長袖インナー。(SIXS TS3 ¥11,000)

サイクル用のインナーは、保温性・吸湿速乾性が高く、快適さを大きく左右するので必ず1枚は持っておきたいアイテムです。メーカーによって薄手~厚手がありますので、寒さ度合いに合わせてご相談ください。

 

ちなみに「ヒートテックなどで代用できますか」というご質問も時々受けるのですが、日常用衣料品は吸湿性・速乾性に劣るため、ウェア内に水分がたまり、汗冷えを起こすのでオススメはできません。

 

サイクル用は少々お値段しますが、それだけ快適で長持ちしますので、ぜひ1着お試しください。

 

 

手先・足先は冷えやすいので、グローブ、シューズカバーなどでしっかり対策していきましょう。

グローブ:Showers Pass Glove ¥5500

シューズカバー:DeFeet Shoe Cover ¥3800〜

 

 

 

1〜2月の厳冬期には、さらに暖かいジャケットやグローブ、ウインドストップ(防風)タイプのタイツも選択肢に入ってきます。こちらは着比べつつ、寒さ具合に合わせてお選びくださいね。

 

おおよそこのようなステップで、段階的に冬を迎えていただければベストと思います。

やや急ぎ足での説明になりましたので、ご不明な部分は何でもお気軽にご質問くださいませ。

 

それではサイクルシーズンをどうぞお楽しみください ^ ^

 

 

* * * * 

 

お問い合わせ:サイクルショップサンレモ TEL 073-488-7675

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新​トピックス
Please reload

​特集記事
Please reload

​イベント情報
Please reload

アーカイブ