top of page

【納車紹介】BOMA SAI-Ⅱ 驚きの軽さを持つオールマイティフレーム


今回ご紹介するのは、国産BOMAの人気フレーム [Sai Ⅱ](サイツー)。

DISCフレームセットが23万円(税込25.3万円)というミドルクラスの価格ながら、ハイエンド並みの「軽さ」と「乗り心地」を持つ細身のオールラウンダーフレームです。



FRAME: BOMA SAI-Ⅱ

COMPO: SHIMANO ULTEGRA Di2

WHEELS: MAVIC COSMIC SL 32

TOTAL WEIGHT: 7.37 kg




▶︎▶︎ BOMAシリーズの中心となるオールマイティバイク


カーボン専業の国産ピュアレーシングバイクメーカーとして、非常に軽量で良質なカーボンフレームを輩出するBOMA(ボーマ)。元カーボン商社としての知見と、開発・材料調達から生産まで自社一貫で行う体制により、ハイクオリティ&ハイコストパフォーマンスなモデルを次々と発表。近年はブリジストンと並んでガールズケイリンの公式サプライヤーになるなど活躍の場を広げています。


プロチームに提供した高剛性レーシングフレームVIDE-discをはじめ、エアロフレームやヒルクライムフレーム、またオールロードテイストのコンフォートフレームなど様々な味付けのモデルを展開していますが、Sai(サイ)はその中でももっとも「バランスのとれた」フレームになっています。




▶︎▶︎ ミドルグレードながら、ハイエンド並み「軽さ」に


SAI-ⅡのDISCフレームは1kgラインを切る重量960g(フレームセット1370g)。

ディスクブレーキのオールラウンダーとしては非常に軽量な設計のフレームです。



アルテグラDi2で組んだ今回の重量は、7.37kg(ペダル別) 。


他社の軽量系ハイエンドレーシングバイク完成車に匹敵する軽さに仕上がりました。




ここで特に注目して欲しいのはフレームセット価格。

とにかく驚きの軽量パフォーマンスということがお分かり頂けると思います。




▶︎▶︎ 今回の仕様は、主要パーツもBOMA製で統一




ちなみに7.37kgというのは超軽量パーツの組み合わせではなく、オーソドックスに組み上げた結果。今回はハンドル、ステム、シートポストの主要パーツ3点にBOMA製を使用しています。 



ホイールにはMAVICのカーボンホイール「COSMIC 32 SL disc」(税込198,000円)をチョイス。オールマイティに使える人気のローハイトモデルです。こちらもミドルグレードです。



コンポーネントはシマノアルテグラdi2純正品で全て統一。



フレーム塗装もしっかりマジョーラカラー(RMグレー)です。


・・・という、正統派の構成でもこれだけ軽く仕上がりました。


サイクルモードなどの試乗会でもSAIは「軽い!」ととにかく驚きの声が多いのだとか。 軽くて、ホビーレースで通用する剛性もありつつ、乗り心地には硬さを感じない。山地も多い和歌山ではオールマイティにその走力を発揮する "隠れたハイコスパフレーム" だと思います。


(全5色展開)



▶︎▶︎ オーダー組みは専門店にお任せください



このSAIをはじめ、BOMAはコストパフォーマンスに優れた名作が多いのですが、意外と有名ではない(大量に出回ってない)ですよね。その理由の一つに「完成車販売」をしていないということがあると思います。


フレームセットに個々のパーツを組み合わせていく「オーダー組み」は、仕様を決めていくプロセスと組み付け作業に手間がかかるので、量販店向きではないということなのですが、逆にいえば、うちのような店の得意分野になります。


「オーダー組み」というと難しく思われがちですが、目的や予算に合わせてこちらからご提案させていただく事もできますので、あまり身構えずにご相談いただければと思います。




↑現在在庫中のSAI-Ⅱフレーム(Cブルー/disc)


ご興味ある方、お気軽にサンレモまでお問い合わせください。その他カラーも比較的安定してあるようです。(公式サイトこちら


約2週間程度で組めると思います。






-----------------------------------------------------

お問い合わせ:サイクルショップ サンレモ

tel 073-488-7675

Comments


bottom of page